「ネット証券会社」比較のポイント - ネット証券会社の比較では何を基準にするのか

「ネット証券会社」比較のポイント

証券会社は、「総合証券会社」と「ネット証券会社」の2つに分けられます。

ネット証券会社の比較はとても評判が良いです。

1990年代後半のインターネットの爆発的な普及に加え、1999年には、株式売買委託手数料が自由化されました。そのような影響もあって、1998年には、まず最初に松井証券が、インターネットを利用したサービスを開始しました。その後、続々と多くのネット証券会社が登場し、今に至っております。



主なネット証券会社には、松井証券以外に、SBI証券や楽天証券、カブドットコム証券やマネックス証券などが挙げられます。
多く存在する「ネット証券会社」を比較する上でのポイントとしては、いくつかの要素が考えられます。

まず最初にオンライン取引の手数料です。



取引手数料はネット証券会社によって異なります。
また、1注文の約定代金ごとに手数料がかかるコースや1日の約定代金の合計額に対して手数料がかかるコースなどがありますので、ご自分の取引スタイルに照らし合わせて、比較検討する必要性も出てきます。


次に比較する上での大切なポイントは、実際、取引を行うわけですから、迅速に取引ができ、尚且つ使い勝手の良い取引ツールが必要不可欠になってきます。故に、そちらを提供している証券会社を選ぶというのが大切なポイントとなってきます。
更には、その他、実際役に立つ豊富な機能を兼ね備えた取引ツールというのも重要な要素です。


証券会社では利用者の要望に応えながら、より良いツールの開発を行っていますので、最新の情報を元に比較検討されることをおすすめします。